ダイエットとカロリーの関係

ダイエットとカロリーの関係

ダイエットと摂取カロリーには密接な関係があります。使うカロリーと補給するカロリーを比べて、使うカロリーの方が多ければダイエットになります。食事という形で体内に取り入れるカロリー量より、生命維持や活動のために消費するカロリーの量が多ければ、ダイエット効果が出るというわけです。人の体はさほど簡単なものではないですが、考え方の方向性としてはあながち間違ってはいません。

 

では、低カロリーの食事を続けていれば、体重は右肩下がりに減るでしょうか。実は、低カロリーの食事をしばらくするだけでは、体重を減らすことはできません。

 

なぜ痩せないかというと、低カロリーのダイエット食品ばかりを食べたり1日に1食に減らすといった極端に食事量を減らすのはあまり良くないのです。潤沢だったカロリーの補給が途絶えれば、体は少ないカロリーでも生きていけるようにエネルギーを使わないようにします。そのため、活発に体を動かしても、カロリー消費量を減らそうとします。

 

ダイエットのために食事制限をしていると、カロリーを体内に蓄積するよう、使わないようになります。ダイエットがやりづらい体質になってしまう人もいますので、気をつけましょう。ダイエットのためには、栄養の偏りにも気を使う必要があります。

 

ダイエットのためにと無闇な食事制限はせず、消費カロリーと摂取カロリーの釣合いを考えながら食事をすることが、ダイエット中の食事では大事なことだといえます。